コンテンツへスキップ

11日の6時限目に2年生の第1回目のゼミを行いました。初回だたっため,私からゼミで取り組みたいことを述べました。1つ目は,「本当の価値を知るためには知識が必要であるということです。例えば有名な絵画や芸術品があったとしても,その作者のことやその作品ができたわけ,文化的な意味などを知らなければ本当の価値は分かりません。それには事前にその作品に関することを知っておく必要があります。それと同じように,子どもにいろいろな教育を施すにはさらに高次の内容を教師が知っている必要があります。

2つ目は「現代の算数教科書」について。いずれも横並びで内容に大きな違いはありません。小学校で教える教師は教科書の内容をどう教えるかではなく,算数の内容をどう教えるかが重要です。そしてすべての子どもが同一の教科書で理解できるわけはないのですから,さまざまな指導方法を研究して身につける必要があります。そのためには教科書にとらわれずさまざまな方法を模索する必要があります。

3つ目は「子どもの成長を願い成長を保障すること」です。幼児教育では「適切な環境の中で、子どもの自主性や自立性を大切にする保育」ことが謳われていますが,そのことはこれからも維持しつつ,今後は教育内容をより重視していくことが求められようとしています。幼稚園は小学校に上がるまでの下請けではありません。しかしこれからは教育内容を計画的に考え、内容を保障することが大切になってきます。また、幼児教育ではその時期だけの成長を保障するのではなく、小学校まで先を見通した保育,そして受け持った子どもが卒園し、小学校でどんな成長をしているのかということも考えなくてはなりません。ゼミ生の皆さんははこれまで学んできたことと相当ギャップがあったようで,だいぶ面食らっていました。これまで学んできたことは間違いではなく物事をある「一面」から考えてきたということです。しかし物事が一面的であるはずがありません。全く別の角度から見れば見え方はまた異なるはずです。ゼミではいろいろな角度から教育を見つめ,教師になったときに自分の取るべき方法を決めることが大切だと思います。

2月18日に卒業研究発表会を行いました。あいにくの豪雪のため,4年生1名が出席できませんでしたが,skypeを使って何とか発表をし2月18日に卒業研究発表会を行いました。
_S__696389

そして終了後は駅前で送別会を行いました。2,3年生からフラワーアレンジを贈られ4年生はとても喜んでくれたようです。
雪のため,4年生1名が出席できませんでしたが,skypeを使って何とか発表をしました。そして終了後は駅前で送別会を行いました。2,3年生からフラワーアレンジメントを贈られ4年生はとても喜んでくれたようです。疲れたと思いますが,実りある1日でした。

DSC_000620140220123108',