コンテンツへスキップ

早いものですが、来年度のゼミを決めるための「ゼミ訪問」がスタートしました。昨年の後藤ゼミは、元小学校教師であるためあまり訪問はなく、ゆっくりとしていたのですが、今年度はそもそも小学校の免許取得を希望している学生が多く、すでに小学校教諭を目指す人の訪問が6人になりました。

敢えて私のゼミに入りたいという人は大歓迎ですが、このままで行くと小学校希望の人に限らざるを得ない感じになってきました。研究したい内容にもよりますが、私の方も第一優先は小学校希望者で算数に取り組みたい人、次に小学校希望者でも学習心理学に関連のある内容、最後に学級経営となります。しかし、上限が9人!?(実際こんなに入ってしっかりとした指導ができるかどうかははなはだ疑問ですが…)なので、入れないというわけでもありませんし、訪問した人すべてが最終的に私のゼミに希望を出すかもまだまだわかりません。ついては、この研究室のwebサイトをくまなく読んでもらって、まだまだ訪問してほしいと思っています。

本格的なゼミの第1回目。4年生は4人が集まり各自の次週までの作業を確認しました。

春馬さん
話し合い活動のプランを作るために、具体的な学年を設定する。そのための学年と単元を決め、プランを当てはめ実際の指導案を作成する。

福士さん
自己理解、他者理解のためのエクササイズを分類したので、それぞれのエクササイズで共通する指導内容を洗い出すこと。
秋山さん
保育園で実施してきた読み聞かせのテープ起こし。その後のプロトコル分析。片桐さん幼稚園でのアンケート調査と卒論の本文のチェック。もうじき就職試験なので結構忙しいです。伊藤さん欠席でしたが、教具を実際に制作しています。
各自、12月末日まで卒論を印刷して提出することを確認しました。その後添削が入って1月に完成の予定です。できるかどうか心配なようでしたが、何事も見通しを持ち計画を立てること、特に何に何時間かかるかを具体的に考えれば恐れることはありませんね。

私の学会出張で1週遅れましたが,秋学期の4年ゼミ,3年ゼミがそれぞれ始まりました。4年ゼミは春馬さんが神奈川県の教員採用試験に合格したのと,ちょうど誕生日ということでおめでとうの会を行いました。DSC_0072

ひとしきり盛り上がった後,今後の予定の話になりましたが,あと12週で今年も終わり! という切実な?数字を聞き,メンバー全員が改めて卒論がんばろうという気持ちになったようです。いよいよ秋学期はゼミを固定した時間ではなく各自が週1回程度指導を受ける,ということになりました。3年ゼミは秋学期は論文読みが始まります。またそろそろ卒論の内容を決める時期にさしかかってきました。秋も実習があり,なかなか気が休まらないようでしたが,がんばってほしいと思います。

3年生は今季から一般的な研究論文の読み込みと、レポートまとめに入りました。が、残念ながら今日のレポート発表は”0”でした。やはり初めて研究論文を目にして、「難しい」「専門用語がわからない」「ダウンロードが面倒」などの感想が漏れました…。
そう言わずに頑張って欲しいのですが、やはり教育書から見れば相当ハードルが上がったようです。研究したい事柄がまだ見つからないようですので、これからが大事になってくるでしょう。

今日は春学期の成績表配布とオリエンテーションがあったため、3,4年生それぞれゼミを行いました。3年生は保育園実習の直後であったため、レポート発表はありませんでしたが、春学期の目標であった文献10冊を読んでレポート発表を今日で終了としました。いよいよ9月からは自分の卒業研究を決めるための論文読みを始めます。そういうわけで今日は論文を読むためのCiNiiの使い方を説明しました。

キーワードを入力すると、条件に合った論文が表示されます。CiNiiPDFオープンアクセス=学会誌に掲載されている論文がそのまま表示されます。機関リポジトリ=大学などの機関にジャンプしそこに掲載されている論文を読むことが出来ます。CiNiiPDF有料=有料のため一般家庭や大学からは開くことができないので、私に連絡をしてもらいます。私がダウンロードしてメールで送ります。論文は研究者の専門ですので、これまで読んできた一般の教育書よりも難しいので読み下すまでは時間がかかります。これまでよりも、より一層の努力が必要になりますね。4年生は、それぞれの研究の経過報告と今後の研究の進め方を確認しました。
【福士さん】
いじめ予防に効果がある構成的グループエンカウンターのエクササイズを、自己理解と他者理解、低学年、中学年、高学年の6つのカテゴリに分類しました。この分類のそれぞれのカテゴリ内で共通する事項は何なのかをさらに考察することにしました。それを抽出することができれば、普段の学級活動に有効に使うことが出きるようになるからです。
【伊藤さん】
戎谷先生の教具の本を分析し終わり、昔あって現代にない教具の分析を終えました。今後はこれらの調査を先行研究の分析として、論文にまとめる作業が必要です。今後は、どんな教具を開発していくのか、その理由や特徴を考えていくことにしました。【春馬さん】共同学習におけるコミュニケーション活動の分析を終えました。今後は、具体的な授業の事例を考えていくために、学年と単元を決めることにしました。その上でコミュニケーション活動に必要な教師の発問や学習活動を考えていくことにしました。
【福井さん】
端末を使った学習と使わない場合の学習を国語と算数について考えました。今後は、さらに細かい分析を進めることにしました。

8月7日午後から8日昼まで箱根芦ノ湖畔の温泉宿 ホテルむさしやさんで一泊二日のゼミ合宿を行いました。

CIMG0038

目的は,4年生においては中間報告をすることによってこれまでの研究をまとめると共に,今後どのようなことが必要になってくるかを考えるためです。3年生はこれまで自分が読んできた文献の概要を説明することで,自分がどんな研究をしていきたいかを考えると共に,4年生の発表を聞くことで1年後の自分の様子をイメージするためです。今回のホテルは,写真の様にスクリーンとプロジェクタが常備されミーティングができる部屋もあり大変快適でした。来年もここでやろうか・・・,と考えているところです。

主な日程
【1日目】
4年生卒論中間発表会
12:00 宿泊先到着
12:30~13:00 研究会準備(進行3年生)
13:00~13:15 開会
13:15~13:45 発表1
13:45~14:15 発表2
14:15~14:45 発表3
14:45~15:00 休憩
15:00~15:45 発表4
15:45~16:15 発表5
16:15~16:45 発表6
16:45~17:00 閉会懇親会準備(買い出しなど)夕食3,4年生合同座談会懇親会
4年生の中間発表。

CIMG0039 CIMG0041
夕食後の合同座談会では,実習へ行く前の3年生が既に昨年実習を終えている4年生から,実習の心構えや予め準備をしておいた方がよいことなどを聞く,という会を行いました。CIMG0051

【2日目】
3年生研究報告会
9:00~ 9:10 開会(進行4年生)
9:10~ 9:30 発表1
9:30~ 9:50 発表2
9:50~10:10 発表3
10:10~10:20 休憩
10:20~10:40 発表4
10:40~11:00 発表5
11:00~11:50 卒論執筆の要領
11:50~12:00 閉会
12:00~12:30 記念撮影
現地解散

部屋でも充分リラックス。
S__2113545 S__2113546

このときは4年生が買い出しに行ってましたね。みんな超ご機嫌です。

S__2113547 S__2113548

すっかり青春してますね。

S__2113549

夕食後は大懇親会!

CIMG0055

その後,実習中の3年生によれば,やはり話を聞いたことは大変役に立ったということでした。
次の日出発前に記念撮影。充実した2日間でした。

CIMG0065

 

3月5日に金井先生のゼミ中間発表会に2,3年生が参加しました。
DSC_0020 DSC_0019
金井ゼミではプレゼンテーションによる発表を何度も行っているそうで,実際にとても上手でした。研究内容を深めるとともに発表する力,具体的には人前でよどみなく話す,時間を意識して話す,質疑応答がしっかりできる,など教師として必要な力をつけていくことも大事だと再確認しました。また,内容も意義あるものが多く,研究方法も参考になりました。やはり,自分たちで勉強することも大事ですが,他ゼミの話を聞くのも大事ですね。

最近のゼミ活動は活発ですが,初年次のゼミ生もぜひのせておきたいと思いました。

卒業アルバムに掲載するために,マーガレットホール前。5月頃。

前列3名が,当時4年生,後列3年生。
DSC_0056

夏休みゼミ合宿。このときは岡部ゼミと合同。

仙石原の日本大学セミナーハウス。

blog1 CIMG2003

教員採用試験,終了祝いだったか,ちょっと忘れましたが,横浜中華街で懇親会。帰りは山下公園で。

1357711893822 1357711894282

卒業論文発表会。

DSC_0057 DSC_0064

DSC_0059

前列4年生,後列左から5名が3年生,右2名は当時2年生。

DSC_0066